読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginga.

語彙力低めでお送りしてます

何度でも体感したくなる映画に仕上がっちゃってる続・HiGH&LOWのはなし

映画

鉄は熱いうちに打て

というわけで懲りずにはいろ話です。案の定書いてしまった。

 前記事でキャストの名前をタイプミスするという痛恨すぎるやらかしをしでかした申し訳なさと自分へのやるせなさで、夏場は毎日食べてるフタバの袋入りかき氷 *1に牛乳を入れた練乳いちごもどきも喉を通らないくらい猛反省しました。もう誤字しない。フラグなんかじゃない。というフラグ。

 前回はSWORD(本来ならそれぞれの間に.が付くんだけど打つの大変だから簡略化しますねというズボラ報告)みんな大好きだよっていう記事を書いたんですけど、今回は現在公開中の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』がシャブいよって話。

 いままでのあらすじ

 日テレ系列の放送局でシーズン1・2と放送されたドラマでは各チームの生い立ちやら抗争やらが主だって描かれていたわけですが、何やらSWORD地区を狙う外部勢力の不穏な動きが…。まだSWORD同士の決着もついていないというのにこれからどうなっちゃうの~~~!?

 

 はい、ここで映画に出てくるSWORD以外の主要メンツをご紹介。

ムゲン

youtu.be

 かつてSWORD地区となる地域を統制していた最強軍団。泣く子も黙るムゲン。元々は\僕たち!/\バイク大好き走り屋芸人です!/な琥珀と龍也が結成したけど、どんどんメンバーが増えて無秩序状態に。琥珀ワンマン劇場ハジマタネ。後に琥珀の相棒となる九十九(つくも)もそんな現状にまいっちんぐ。それを見かねた龍也が琥珀に忠告するけどガン無視ですどうもありがとうございました。ってところで、こんなことあってたまるかいレベルの悲劇が起きて解散に至ってしまいます。このできごとが今回の映画の鍵。山王連合会のコブラとヤマトも元メンバーだよ。

雨宮兄弟

youtu.be

 そんなムゲンに唯一張り合えた勢力、というか兄弟。notあめみやbutあまみや。2人とも昔格闘技やってたとかでむちゃくちゃ強いし顔はいいしのハイスペックブラザーズです。今のところ出演してるのは次男の雅貴(EXILEのTAKAHIRO氏)と三男の広斗(三代目JSBの臣くん)だけど、長男が意外なあの人なのでこれについてはちょっと後ほど。雅貴は女の子だいすきなすっとぼけキャラでわんこ属性。劇中で放たれる自らのお兄ちゃん呼びは攻撃力抜群。対して広斗はつら・・・・・って頭抱えるほど王子様。ララちゃん助けに来るとことか あ、白馬の王子様って本当にいるんですね ってなるからみんな動悸に気をつけて!はい、救心○

MIGHTY WARRIORS

youtu.be

 マイティマイティウォーリアーズのテーマソングが頭から離れないことでおなじみ(?)の新勢力。「FUNK JUNGLE」とかいうまじでパリピしかいないようなクラブがアジトで「お金にならない喧嘩はしない」がモットー。主要メンバーがそれぞれスペック高くて、クラブではラップ歌ってたと思ってたら外では相手をぼっこぼこにしたり、超美人なのにライダーキック顔負けの蹴りを繰り出したり、かっちょいい刀の使い手だったり、いともたやすくハッキングしたりとチート並の人材が揃っててどうしよう。琥珀と李の指示のもとSWORDをぶっ潰しにかかります。

youtu.be

BIGBANGのV.I*2が演じる海外マフィア李さん。劇中でも4ヶ国語を喋ってることから語学が堪能なことが伺えるし確実に頭いいよねって人。ある計画を琥珀に持ちかける今回の黒幕的存在の一人。琥珀の相棒・九十九(李的には「ちゅくもさん」)のことをあんまりよく思ってないオーラがすごい。あの2人大丈夫かしら…と何度案じたことか。結果大丈夫じゃなかったけど。

家村会

youtu.be

 9つの組織から成る九龍グループのひとつでヤの付く方たち。SWORDを統合してその地区にカジノを作ろうぜ!ボロ儲けじゃい!と画策してます。会長はあの中村達也*3演じる家村龍美御大。見るからにカタギじゃないぜ。

DOUBT

youtu.be

  かわいこちゃんを狙うスカウト集団という名の人さらいたち(ごめん)(でも女の子をさらう手際のよさはびっくりするほどピカイチで賛辞送りたい)

 

  最終的にSWORD VS 琥珀、李、MIGHTY WARRIORS、DOUBT (VS家村会)てな構図になります。それぞれの思惑がひしめきあってどんちゃん騒ぎじゃ。

 

ここがすごいよハイロームービー

  2回観た段階で、なーんでこんなに楽しいのかなって考えたことをまとめようと思ったけどまとめられなかったっていうオチです。でも間違いなく中毒性が、ある。(迫真)

  • 圧倒的超絶アクション!!!!!

  HiGH&LOW、特に映画の見どころといえばアクション。ベタな謳い文句にびっくりまーくをやたらに付けたがるぐらいにはすごいことになってます。アクション監督を大内貴仁さん*4がやられているんだけど、インタビュー*5でキャスト陣が大内さんのアクション指導について多く言及していたのもうなずけるほど、素人めに見ても凝りに凝ったとてもかっこいいアクションがわんさかなんです。しかもみんな巧い。特に見ごたえがあるのが一つの山場でもあるSWORD連合VSマイティー勢のシーン。まずその人数もすごいんだけど、はっきり言って迫力5000%。宇宙大戦争や。アクションからは少し離れるけど、SWORD勢がみんなで集結するところなんて何度見てもわくわくが止まらない!圧巻!ちょっとマッドマックスみもある!鼓動高鳴~る!この驚きはぜひ劇場で体感してほしい…本気で…。

  しかもあれだけいがみ合ってたSWORD同士が連携プレイとかしだすから最and高なわけですよ。「うぉー!よし!いいぞ!エッ そことそこが協力すんの?!まじかーーー最高SAIKO っしゃ!いいよいいよその調子!GO!SWORD GO!!!」って心の中で叫びまくり。騒音おばさんですこんにちは。

  • "効果的な音楽"の力

 音楽が好きで普段ジャンルレスに色々聴いているつもりだけど、正直えぐざいるさんたちの音楽は自ら進んで聴いてこなかった小生。そんな私でも気付けば日常的にハイロアルバムを聴いてしまうぐらいには虜になってしまったわけで・・・。

  登場するチームそれぞれにテーマ曲があるというのも作用しているのか、その曲が流れだすとアドレナリンがドバー状態。あくまで個人的な意見だけれど、どの曲も作品の世界観に忠実に作られていて、なおかつその中で完結しているからこそここまで楽しめるんじゃないかなと。そしてほとんとがEDM系統だから映画館のスピーカーと相性がいい気もしてる。そんな音楽と先述したアクションが合わさるともう大変ですよ!さらにアドレナリン大放出確変大当たり!

  "効果的な"と付けたのはそういう意味です。もはやどういう意味かも分からないって自分が一番思ってる。何が言いたいかというと、自分の好きな音楽から縁遠いって人でもご心配なく!

  そうそう、あと窪田正孝くん演じるスモーキーと早乙女太一くん演じる劉の一騎打ちシーン。実はこの2人プライベートでは超がつくほど仲良しで。*6そんな2人がタイマンでやり合うありがたシーンも拝めます。スリル満点で息を飲むよ。ベビベビベイビry

 

はぁ…

 

   でも結局はSWORDの驚きの仲良しこよしさに落ち着く…。マイティーとの戦いを終えた場面とか、なに談笑しちゃってるの?ついこないだまで敵だったよね?はて?って微笑を浮かべたくなるから。あとそこにはいないスモーキーを気遣う言葉をルードメンバーに託す日向と村山とかもアーーーー仲間っていいもんですね。

 

はぁ………

 

  さてここまで長ったらしくくっちゃべってきましたが、HiGH&LOWムービー続編が決まっております。(拍手喝采) その名も「HiGH&LOW THE RED RAIN」今度は雨宮兄弟がメインのお話の模様。

youtu.be

 

  この特報映像、現時点で40万回ほど再生されているんだけどその内の35万回ぐらいは私が再生してるんじゃないか?ってくらい見てる。今まで詳しいことは明らかにされていなかった雨宮兄弟の長男が満を持して登場します。その名も尊龍(たける)(アッ…キラキラネーム…)。演ずるのは斎藤工。ありがとうございますありがとうございます。前情報として雅貴と広斗を上回る最恐の強さと目されているけど、あの、だ、大丈夫かな…。*7

  その辺もひっくるめてどうなるか楽しみです。まだ本映画が公開されている劇場が多いと思うし、今シュッと映画を観に行って、それからドラマで詳しい部分をおさらいしても続編に十分間に合うという算段!どうですか!押し売り出血大サービス!そして推しチームが決まったらみんなでうちわ作って応援上映しよう。「ムゲンは仲間を見捨てねぇ」(三連)「村山くんデコピンして♡」「☆神様仏様ロッキー様☆」あたりは作りたい。あ、だめだ、絶対楽しい。(自分が)

  めくるめくハイローワンダーランドはあなたのすぐ傍に潜んでますよ……………

 

 

  うん、もう一回観に行こう。

 

 

 

 最後におまけにもならない盛大なるネタバレ劇場

 

 

 

 映画を見終えたその瞬間から疑問に思い続けているんだけど、あの、なんで雨宮尊龍の居場所をスモーキーが知っているのかな・・・・・?????雅貴と広斗が必死こいて探し回っても見つからなかったのに!そしてスモーキーがその事実を知っていたってことを広斗が知っていたのもやばい謎い。無名街が燃やされて激おこLv.5000なスモーキーのもとを雨宮兄弟が訪れたときに、あの一瞬のアイコンタクト(このときのスモ様の流し目で5億回ころされた)で悟った系ですか?エスパー的な何かですか?これ以上設定を加える気ですか?よっしゃどんとこい。あと村山くんって何であんなに愛くるしいんだろう。轟のデコピンに自ら頭をこつんとする瞬間プライスレス。日向もだけど、マイティーたちと対峙するときにすごい楽しんでて応援しかできない。コブラも相変わらずピュアピュア星人だ。ロッキーがサングラスを外してつぶらなおめめが出てきたときはスタンディングオベーションしたくなりがち††† なんせスモーキーの色気も極まってるし!!GOCHIです!!!早く良くなってね!!!!!

 

 以上SWORD大好きマンでした。南無

*1:税込75円にしてコスパ高すぎ案件なかき氷。セブンイレブン(しかも限られた)に売ってるのしか見たことない。

*2:スンリって呼ばれてるんだね。スンちゃんだね。

*3:言わずもがなの伝説バンドBLANKEY JET CITYのドラマー。正真正銘ミュージシャン。現在は音楽活動を続けるかたわら俳優業も。いつぞやかMANISH BOYSで目撃したけどめっちゃかっこよかったおじさま。

*4:映画「SP」や「るろうに剣心」などのアクション監督/スタントコーディネーターを担当。アクションチーム"A-TRIBE"の代表も務める。

*5:別冊 月刊EXILE「HiGH&LOW THE BOOK」内。780円にしては驚きの充実っぷりではいろ厨を沸かせた1冊。

*6:2010年に舞台「薄桜鬼 新選組炎舞録」で共演したことがきっかけで親密に。窪田くんはアイスを一気に2~30本食べちゃうっていう新手のアイスモンスターなんだけど、好きになったきっかけも太一くんの影響らしい。

*7:斎藤工窪田正孝がバディを組んだ今春放送ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」でたくみが見せた走りっぷりが絶妙に微妙だと一部で話題になったことからの杞憂

まさかここまで沼だとは思わなかった"HiGH&LOW"のはなし

ドラマ 映画

開設してから長い間倉庫化していたここをひっぱりだしてまで書き留めておかなければ!という衝動に駆られたもの「HiGH&LOW

元々は「好きな俳優*1が出てるようだから見てみよう~フフーン」と軽い思いで見始めて、気付けばずぶずぶと魅力にハマった始末。

自分の周りでこのハイロー祭りに興じている人がほとんどいない…?嘘だろ…?と思いつつ、ソレモソウカ…シカタガナイネ…と思いつつ、でもやっぱりこんなに面白い作品をイメージで敬遠するのはもったいない!っていうお節介しか詰まっていない記事ですすみません。LDH方面には疎いにもほどがある*2のでそちらの情報が乏しいのもすみません。お手柔らかに。

 

HiGH&LOWって?

日本テレビLDH*3がタッグを組んで展開する総合エンタテイメント、それがHiGH&LOWです。H&Lとかハイローと略す人が多い印象。自分はハイロー派。なぜiだけ小文字なのかはちょっとよくわかりません。Yahoo!知恵袋でも質問してた人いたけど結局謎のまま。

総合エンタテイメントってつまりなに?ってことになるんですが、具体的にはドラマ、映画、音楽、ライブ、コミックなど多岐にわたります。すごく手広い。規模がすごい。ドラマから7/16より公開されている映画へ繋がる形ですが、ドラマを見ずに映画を観てもほとんど問題ありません。冒頭で立木さん*4がイケボであらすじをナレーションしてくれます。むしろ映画からのドラマの流れでも面白そう。かくいう私はドラマ一巡しかしてない(小声)けど現に相当楽しめてる。

肝心のストーリーですが、シンプルに一言で表すと勢力争いのお話です。喧嘩や乱闘シーンわんさか。恋愛要素ほんのり。血と拳とバイクで成り立ってるぜオラオラって感じ。

この説明だけだと「そういうのに興味ないです…」「いまいち惹かれないわ~~~」と思う人もいるはずだし、違う対象を同じ感じで言われても自分もそう思ってしまっただろうに違いないんです、が。どうやらハイローにハマっているのはLDH好きだけじゃないらしい。むしろそうじゃない人達がテトリスの縦棒のごとくすっぽりハマって大変らしい。なぜなら出てくるキャラクターそれぞれがとんでもなく沼だったから・・・

5大勢力"S.W.O.R.D."の魅力がすごいよ

先ほど勢力争いの話だと言ったけれど、元々はある地域一帯を最強の勢力"ムゲン"が統制していました。そのムゲンがなんやかんやあって*5消滅後、その地に5つのチームが誕生します。それらの頭文字をとった呼称が"S.W.O.R.D."(スウォード)。もちろんチーム毎に特色があって、キャッチコピーなんかもあります。

S→"山王街二代目喧嘩屋"山王連合会

youtu.be

 この作品の軸となるチームです。ヨッ、主役!リーダーは岩ちゃんこと三代目JSBの岩田剛典くん演じるコブラ。幼少期から共に育ったコブラとヤマトを中心に、山王街という商店街を守っています。大体ITOKANっていう洋食屋でたむろってる。前身の映画*6でも山王祭りだワッショイワッショイ。みんながみんな人情に厚くて、これが男の友情か!!!っていうのをびしびし感じます。ダン*7いい味だしてるよダン。ちなみにヤマトとITOKANの女マスターナオミちゃんがいい感じで、つい自分の中のヒューヒューおじさんが顔を出してしまうのは許してね。キーワードは気合いおにぎり。

W→"誘惑の白き悪魔"White Rascals

youtu.be

 メンバー全員が白い衣装に身を包み、クラブ"heaven"を営んでいるスカウト集団。リーダーもといオーナーはEXILE黒木啓司さん演じるRocky。モットーはとにかく「おんなだいじに」。男性に傷つけられた女性を守る騎士です。見た目と反して非チャラ男。最初の印象は 不気味だ…手錠ガチャガチャこわいよぉ…ブルブル だったけど、ドラマを見進め映画を観ると どちゃくそかっこいい///// に変わってしまう。アメイジング。Rockyの右腕のKooさんがインテリジェンスでこれまたかっこいい。一貫してスマートでクールなんだよな~~~と、やたらと横文字使いたがるくらいにシュッとしてます。メンバーにはゴールデンボンバー*8の面々も。

O→"漆黒の凶悪高校"鬼邪高校

youtu.be

学園モノ要素もあるとかいう素敵さ…。喧嘩の強さ=偏差値。読み方は"おやこうこう"(皮肉だ…) リーダーもとい番長は山田裕貴くん演じる村山良樹。100発の拳を受けても耐えたことで認められ番長に。青いバンダナを頭に巻いて、目の下にクマメイクをしているのがso cute。自分が認めた相手にはちゃん付けで呼ぶんだよ。(ex「コブラちゃ~ん」)ドラマのシーズン2から轟くんという元秀才だけど喧嘩でてっぺん取ったんで!という意気込みをもって鬼邪高に編入してきたという異色のキャラも登場しておもしろいことになっています。村山大好き関くん(一応右腕)が「村山さぁ~ん!」と呼ぶのだいすき。結論:かわいい

 R→"無慈悲なる街の亡霊"RUDE BOYS

一番の推しチームなのでどうしても熱が入っちゃうけどがんばって抑えま…あ無理そう無理でした。ホームがレス、おそらく戸籍もレスな人々が集まる"無名街"を守る守護神。リーダーは窪田正孝くん演じるスモーキー。お気に入りの俳優ということを差し置いてもほんっっっっっとに儚くて美しくて語彙力奪われる…。ここで華麗すぎるアクションを堪能できるルードの映像をどうぞ。

youtu.be

ゲッダーン………(最高of最高の意)

みんな身体能力高すぎやしない?アクションに魅了される度No.1。病に侵されている*9スモーキーだけど、自分の命より無名街で暮らす人々=「家族」が大事でその信念に基づいて行動するゆえ、仲間のタケシ、ピー、シオンを筆頭にみんなからの愛され具合がはんぱない。映画だとチームを超えて他チームからも心配されているから完全に魔性ですありがとうございます。スモーキーの妹ララちゃんもとってもかわいくてたまらないよ。私に財力があろうものならみんなまとめて養いたい。

D→復讐の壊し屋一家"達磨一家"

youtu.be

赤い法被がトレードマークの達磨一家。リーダーは林遣都くん演じる日向紀久。キャッチコピーにもあるように復讐を生きがいとしていた日向(やがてほんのちょっとだけ丸くなる)。そんなかしらをもつチームなので、やられたらやりかえすが合言葉の血気盛んないかつい漢たちしかいません。そんでもって日向の狂気と色気がやばい…やばいとしか言い表せないくらいやばい。映画内で日向が車のボンネットに寝そべりながら放った「S.W.O.R.D.の祭りは達磨通せや」は間違いなくハイロー名言ランキングに殿堂入り!(私調べ)おめでとうございます。

 

語りきれないところではあるけれど、むしろ紹介のベクトルがひんまがっていて自分でもよく分からなくなったけれど以上がS.W.O.R.D.ってやつです。ドラマではこの5チームの間でばちこんばちこんやりあってましたが、映画だとなんてこったいS.W.O.R.D. vs 他勢力になります。連合軍です。

そんな映画のトレイラーをドーン!

youtu.be

サムネの琥珀さん(闇堕ちver.)の威圧感がすごい

そうそうこの映画がまたさ・・・あらゆる最高みがあるんだ・・・。10月に続編*10も決まっているし今から観ても遅くはないよ!みんなハイローランドにおいでよ!!!というきもち。2回観に行ってしまった、なんならまた観に行こうとしているそんな映画についてもまた今度…多分近い内に書いてしまうんだろな…と確信めいた予感がしています。おそまつさまでした。

*1:今年のはじめから日常に潤いを与えてくれている心のオアシスこと窪田正孝くん

*2:最近三代目JSBメンバーの顔と名前が一致。臣くんがすきです。

*3:EXILE三代目 J Soul Brothersら、キラキラというより完全にギラギラしていそうな人達が所属する芸能事務所。なお社名は"Love,Dream,Hapiness"の頭文字とのこと。アツい。

*4:立木文彦さん。誰もが一度はその声を耳にしたことがあるんじゃなかろうかというレベルの言わずと知れた大御所声優。エヴァの掟ゲンドウとか銀魂マダオとか

*5:映画でも大々的に描かれていたTHE陰謀劇

*6:2016年5月7日に公開された「ROAD TO HiGH&LOW」。ドラマシーズン1の総集編でおさらい的な役割。コブラとヤマト、そしてノボル3人の生い立ちが描かれた。

*7:演-三代目JSB山下健二郎氏。JSBに入る前はUSJでパレードダンサーをしてたらしい。

*8:映画内で「女々しくて」というワードが出てきた気がする

*9:具体的な病名は明らかになっていないが、吐血したり咳きこんだりすることからおそらく気管支系のものだと思われる。いくらでもカンパするから医者に行ってくれ…頼む…

*10:10/8公開予定の『HiGH&LOW THE RED RAIN』ここでは記さなかったけど雨宮兄弟っていうこれまた魅力的で強い兄弟がメインのお話の模様。映画初日まで明かされていなかった雨宮長男役がわれらがたくみこと斎藤工だと最後に分かって映画館で息を飲んだのがつい最近のことのよう。